Concept

作品の紹介

彫刻は、イメージが石という素材と一致したときに初めて作品となり、表現においてそれが力強く、またデリケートなものとなったり、様々な表情をみせるものとなります。

美術において感性や感覚という要素があります。作品に表情があってこそ、初めて彫刻がひとつの造形、そして「ことば」として生きてくるのです。

静かな時にしか捉えられないもの、自らの内にある感受性に耳を傾けることは、作者が目指している「抽象的な表現」と関わっています。

作品に接することにより、豊かさを感じる彫刻を目指したいと思います。

今後の課題

制作された作品は、一定の場所の中に存在するものです。そこで僕の関心は、作品と周りの環境との関係に及びます。

例えば、日本の ”庭” はそれ自体がひとつの芸術でありますが、そこに見い出される重要な要素に ”造形美” が含まれていると考えます。それは庭の中にある個々の要素に限らず、庭全体がひとつの造形であると考えるのです。

“造形美” とは、いったいどういうものでしょうか。僕にとってそれは彫刻と、彫刻を含めた環境であり、 ”美の意識” が空間に反映される場合であると考えています。

May 2003  個展において

私の彫刻作品を譬えると、一つ一つが “言葉” なのではないかと想います。それぞれの作品が、日常において親しめるものであってほしいと考えています。

町の環境を潤すために、どういうものが必要となるのだろうか。彫刻を取り入れるならば、きっと場所を特徴付ける要素となるでしょう。

彫刻によって空間を創り出すこと。それは個体である作品が、環境へ影響を及ぼすことを意味しています。

人は常に空間と関わっており、生活空間は人の思考や意識に影響を及ぼしていると考えられます。林立するビルのもとに現在の繁栄がありますが、人の幸福度は意外と淋しいものかもしれません。

人々が親しみを覚える場所を創るために、彫刻がその役に立てるのではないかと考えています。デッサンや模型の制作を通して、これからも模索を続けたいと思います。

October 2007  展示

僕の作品は、過去の思い出が影響しています。

遠い過去の経験、遠い記憶から何かが見え始め、それらの印象が作品へ展開します。

活動を通して常に新しい経験があり、更なる追求へと繋がります。

「石の花」展

彫刻の伝統において “自然” は重要なテーマでした。西洋のロマネスク様式、およびゴシック様式に見られる浮彫や、柱頭(キャピタル)における植物模様はそのことをよく表しています。

今回の展示は、クラシックな要素をもとに、私個人の手法を加えた作品を紹介しています。

自然には形や色を通じて表される美しい要素があり、それは自らの意識に影響しています。自然を通して表される “神秘” を明らかにすることが、作品を制作する動機となっているのです。